企業情報
コーポレート・ガバナンス

基本方針

当社グループは、法令を遵守し誠実に社会的責任を果たすとともに、経営の健全性及び透明性を高め、株主や顧客をはじめとするステークホルダーにとっての利益を守り、企業価値の継続的な向上を図るため、次の考え方のもと、コーポレート・ガバナンスの充実に取組んでまいります。

1.株主の権利・平等性の確保
2.株主を含む全ステークホルダーとの適切な協働
3.適切な情報開示による透明性の確保
4.取締役会による業務執行の監督
5.株主との建設的な対話

意思決定プロセス

1. 取締役会・業務執行体制

当社は監査役(監査役会)設置会社です。当社は、取締役会による経営の監視・監督と、経営陣による業務執行を分離し、経営陣による迅速な意思決定を可能とするため、執行役員制度を強化し、取締役会長を除く役付取締役を廃止し、執行役員の中から社長及び役付執行役員を選定する体制としています。

取締役会は取締役6名(うち社外取締役2名)で構成し、毎月開催する定時取締役会の他、必要に応じて臨時取締役会を開催しています。また、業務執行の意思決定機関として、全執行役員を構成メンバーとする執行役員会を毎月1回以上開催し、適法な範囲で取締役会から委任された事項も含め、業務執行にかかる審議並びに決定を行っています。

2. 監査役会・監査役

監査役会は、監査役4名(うち社外監査役2名)で構成され、ガバナンスのあり方とその運営状況を監視し、取締役の職務の執行を含む日常的活動の監査を行っています。社外監査役は弁護士で、コンプライアンスの観点より経営監視を実施しています。また、内部監査部門と連携し、社内各部が社内規定に沿った業務執行及び適正な会計処理がなされているか検証しています。

3. 指名・報酬諮問委員会

当社では、取締役、監査役及び執行役員の選解任や取締役及び執行役員の報酬決定に際して、基本方針や基準を明確化し、決定プロセスにおける公正性・透明性を高めるため、取締役会の諮問機関として全社外役員と管理統括取締役で構成される「指名・報酬諮問委員会」を設置しています。

4. リスクマネジメント委員会

リスクマネジメント委員会は、執行役員、本部長、経営戦略室長、主要な関係会社の責任者及び経営監査室長で構成しており、リスク管理体制及び法令遵守体制における整備・維持・向上を図っています。

5. 役員報酬の決定方法

取締役及び監査役の報酬の決定については、株主総会で総枠の決議を得ています。取締役の個別報酬額については、取締役会の諮問機関である「指名・報酬諮問委員会」で、その妥当性について審議し、取締役会で決定しています。また監査役の個別報酬額については監査役会で決定しています。